グラブルでトレハン要員のジョブと言えば…ホークアイですよね。

トレハンはアイテムのドロップ確率が上がるっと言われているます。

特に、グラブルのようなゲームには欠かせない能力です。

トレハンはホークアイのジョブだけではなく、エッセル、クリスティーナ、マリー、サーヤなどのキャラや、召喚石の効果としてある場合があります。

 
しかし、トレハンの効果は実際にはよくわかっていません

 
っというのも、グラブルの公式がトレハンについてはっきりとドロップ率が上がるよって言っていないからです…

宝くじが例に出されるほどでした。

 

そのため、グラブルプレイヤーからはトレハン教っという宗教じみた言葉が生まれたほどです。

っというわけで、今回はトレハンは効果があるのか?

っというのを個人の目線で考察していこうと思います。

スポンサーリンク

 

グラブルのトレハンって意味ある?

 

結論から申し上げますと、個人的にはトレハンの効果はあると思います。

 
その根拠は「風眼の風見鶏」や「セプティアンバーナー」など、トレハンの他にもアイテムドロップ率がアップするものがあるということ

 

そして、トレハンのスキルレベルが9まで上げることができること

 
以上の二つの事柄があるのに、トレハンは効果がないよ…って言われたら詐欺かよ!!ってなりますよね。

ではなぜ、トレハンは効果がないっと言われているのでしょうか…

 
それはもともとのドロップ率の低さが問題だと思います。
例えば、トレハンの効果がドロップ率10%アップだとします(実際はわかりません)

敵を倒すことで50%ドロップするアイテムがあるとしたら、そこでトレハンを使えば55%の確率でアイテムを落とすことになります。

 

ここでポイントなのが、50%+10%=60%にならないところです。

50%の10%アップつまり5%しか上がりません。

 
5%上がれば大したものですが、実際にトレハンを使う場面はもっとレア度の高いアイテムを狙っているときではないでしょうか?

 
もし、ドロップ率が1%のアイテムがあったとして、トレハンを使えば1.1%。

トレハンを使えば1000体の敵から1個増えるっという計算になります。

これでは乱数っというか確率の誤差の範囲っと感じますよね~

 

っというわけで、私の結論は、トレハンは『ドロップ率の高いアイテムには十分効果が発動するが、レアアイテムは気休め程度』

っというものです。

あなたにおすすめの記事